2019年06月

こんばんは、柳原です。

それでは早速、その②からの続きを始めます😁。

★6月4日
~08:30(着)大阪南港フェリーターミナル~[徒歩]~フェリーターミナル駅09:04~[大阪メトロ]~天王寺駅09:49~~[JR特急くろしお号]~~13:52新宮駅~[レンタカー]~ホテル泊

20190604_135243

この日のさるびあ丸は終日航海のため、私も移動のみの自由な1日でした😄。
午後2時には寄港地の新宮へ着いてしまったのでレンタカーを使って近場の温泉♨️へ。まぁ近場と言っても車で30~40分ほどかかりましたが、山間に入りました雲取温泉・高田グリーンランドまで日帰り入浴です。
名前を聞くとレジャーランド的な施設を想像しちゃいますが、宿泊もできる小ぢんまりとした温泉宿です。

雲取温泉 高田グリーンランド http://www.kumotori.yad.jp/

平日の訪問とあってか相客も2人ほどしかおらず、大浴場に露天風呂とのんびり湯に浸ってまいりました。入浴料も500円とリーズナブルでなかなか良かったですよ。
この日は新宮市内のホテル泊まりです。

20190604_185045


★6月5日
ホテル07:00~[レンタカー]~07:30新宮港(お出迎え)
航海8日目のブログにも書きましたが、この日の朝は雨。
久しぶりの新宮港だったので、接岸場所である埠頭を見つけられず車で右往左往🚙。さるびあ丸が着く場所も含め、周囲は貨物岸壁ばかりなので分かりにくいのですよね。
それでも何とか見つけ出しました。

20190605_074834

生徒さん方がバスで出かけられるとこちらも待機時間となるので、車を活用して那智の滝や勝浦温泉街、丹敷の湯などへお出かけしておりました。

20190605_130017
20190605_130110
20190605_130051

(お見送り後)新宮港18:10~[レンタカー]~18:45新宮駅前20:25~~[三重交通・横浜、東京行き夜行バス]~~車中泊
夜行バスは移動の足としては大変便利であるのですが、私はどうも車内で眠れないのですねぇ。今回もスケジュール上どうしても乗らねばならず、この区間を利用したのですが・・・・・熟睡できず。

20190605_235140



★6月6日
~04:58横浜駅前YCAT~横浜駅~[JR京浜東北線]~東京駅~東京駅八重洲南口バスターミナル06:30~~[JRバス関東・高速なのはな号]~~館山駅前~[徒歩]~館山港・夕日桟橋
夜行バスはバスタ新宿まで向かうのですが、東京駅を6時半に発車する高速なのはな号に乗りたかったので、途中の横浜駅前で下車、電車で東京駅まで移動です。
館山では既にさるびあ丸も到着しており、最後の生徒グループさんが送迎バスでお風呂へ出発する頃に着きました。
ここでは最後のお見送りをしてダッシュの引き返しです。東京へ急げ~!!。

(お見送り後)館山港10:35~[徒歩]~館山駅前11:00~~[日東バス・高速なのはな号]~~12:58東京駅日本橋口~東京駅~[JR山手線]~新橋駅~[新交通ゆりかもめ]~竹芝駅~13:40竹芝桟橋(ゴール!)

以上、大まかではありますが柳原が陸路より辿った道すじをご覧いただきました。
今回の追っかけ旅での経費総額につきましては、まだ集計していないのですが、ざっとみて20万円後半くらいの出費ではないかと😓。寝台特急など交通費はじめ何かとお金のかかる趣味でありますのでねぇ。

さぁ、そんな訳で今年の洋上小学校も無事、航海を終えることができました。
小さな乗組員として頑張った皆さん、お疲れ様でした😄。週明けからもう授業は再開してるのかな?。

9日間の航海を通して生徒の皆さんはいろんな経験をされたことと思います。船での魚釣りではイカが沢山釣れましたね!。
今年の釣果は私が今まで見てきた洋上小学校の中でも一番釣れていたと思いますよ。

そして何よりお天気に恵まれたこと。例年、9日間という長い日程だと何日かは雨に降られます。丁度梅雨入りの時期と重なっていることもあってか、行く寄港地の先々で雨に降られたこともありました。
今年は晴れ男、晴れ女の生徒さんがいっぱいいたのかな?。それぐらい雨の僅かな航海だったですよね😉。
きっと生徒の皆さんの日頃の頑張りを神様が見ていて、晴れ☀️にしてくれたのかもしれません。

「船で旅をする」という経験は普通ではなかなか体験することができません。
船酔いで辛い経験をした方もいるでしょうし、楽しいことばかりではなかったかもしれません。
でも、さるびあ丸船長さんをはじめ、乗組員の皆さんと一緒に過ごしてきた9日間の航海はきっと生徒皆さんをひとつ大人へ成長させ、かけがえのない思い出を刻んでくれたことと思います。

この経験を糧にこれからも勉強やクラブ活動など学校での生活に頑張ってください。
そして、もし少しでも船旅に興味をいだいてくれたなら、また船に乗りにきてください。
さるびあ丸をはじめとして日本国内にはたくさんの船が活躍しています。船も変われば、また違った景色が見えてきますよ!。


今年も最後まで追っかけ旅のブログにお付き合い下さりありがとうございました😊。

2019年6月11日 柳原 遊(やなぎはら ゆう)







★☆★『寄港地でのさるびあ丸』ポストカードセット頒布のお知らせ★☆★

毎年実施させていただいておりますが、柳原が各寄港地にて撮影した『さるびあ丸』の写真を厳選!複数枚をポストカードに致しまして希望者様へ無料頒布いたします。

ご希望されます方は下記宛先まで官製はがきにてお申し込み下さい。
ハガキの裏面には郵送を希望される送付先住所・氏名を明記ください。
発送は7月上旬を予定。発送状況はこのブログでもお知らせいたします。

★申し込み先
〒352-0006
埼玉県新座市新座2丁目18-12-104
船旅倶楽部事務局内『さるびあ丸ポストカード』係 まで

またポストカードセットに関するお問い合わせは
crusing0526@gmail.com 宛にメールにて御願い申し上げます。

ポストカード発送時に使用させていただきました各個人情報は柳原が責任管理のもと、発送完了次第、消去させていただきます。



こんばんは柳原です😉。
ここからはその①の続きとなります。


★6月1日
~08:15(着)福江島・福江港

20190601_074815
20190601_081054

野母商船フェリー「太古」にて朝8時過ぎに福江港へ到着😪。さるびあ丸は「太古」が入港している間は一旦、沖に出て待機しておりました。
ここは港近くにスーパーやドラッグストアがあり、港ターミナルの中にはお土産屋さんも複数あるので便利です。そしてブログで紹介した五島うどんが食べられる食堂も併設されていますよ。

20190601_094516
20190601_095221

レンタカーで五島福江空港✈️まで見学に行ったり、再び入港して来たさるびあ丸を撮影している間に早くも私の出発する時刻が迫ってきました。

この日は福江島(離島)から壱岐島(離島)までいっきに移動するため、乗り継ぎできる船便も限られており、今回の旅で一番滞在時間が短かった寄港地になりますね😓。約半日だけの滞在でした。
時間に余裕があれば、もっといろいろ観光してみたい島のひとつです😄。

20190601_151255
20190601_134654

長崎ではJRへの乗り継ぎ待ちの間にちゃんぽんの昼食😋。
長崎駅から乗車した特急かもめ号には私の大好きな元つばめ車両が充当されていました😊。

20190601_154806

20190601_162638

福江港13:40(発)~~[九州商船・高速船ぺがさす]~~15:05(着)長崎港~[徒歩]~長崎駅16:46~~[JR特急かもめ32号]~~18:52博多駅~[タクシー]~博多港20:35~~[九州郵船フェリーきずな]~~22:55壱岐島・郷ノ浦港~[徒歩]~旅館泊 

今回の旅では博多港から福江島そして壱岐島へとそれぞれ船🚢で渡っております😏。
博多港の乗り場は幸い同じターミナルから発着していたので、今回の旅で持参している大きなスーツケースは港のコインロッカーへ預けておくことができました😁。

旅の荷はできる限り少なくしておきたいものですが、今回も9日間にわたる長丁場な旅であり、着替えだけでも荷物量が多くなってしまいました😥。
そこでそれぞれの島へ渡る際には一泊分の着替えとカメラなど必要な物だけをリュックへ移し、あとの物はコインロッカーへ預けて身軽にすることにしました。
案の定、壱岐島の郷ノ浦港では深夜の暗い街中を旅館の場所を探して歩く羽目となり、身軽だったので割と早く宿へ辿り着けることができました。大きなスーツケースを抱えていたらきっと大変だっただろうなぁと思います。



★6月2日
旅館06:30~[宿の車]~06:45郷ノ浦港(お出迎え)

この日の朝は親切な宿のご主人に車で港まで送っていただけました😊。
さるびあ丸の接岸する岸壁は郷ノ浦港の中でもやや街外れのところにあり、歩きだと30分くらいはかかるのでは見込んでいたのでとても助かりました。旅館のご主人お世話になりました😄。

20190602_070714
20190602_070704

早朝の郷ノ浦港、昨夜乗ってきた『フェリーきずな』がお客さんを乗せ、博多へ向けて出港して行きました😉。

さて、今回の行程では壱岐島より先、やっとスケジュールに余裕が生まれ、さるびあ丸のお出迎え、そしてお見送りをすることができました😊。
気持ちにも余裕ができたのか、お昼御飯には3千円もする生ウニ丼を食べたりとちょっと贅沢をして楽しんじゃいました😆。

20190602_114359

(お見送り後)郷ノ浦港17:10(発)~~[九州郵船・高速船ヴィーナス2]~~博多港~[タクシー]~博多駅~~[JR山陽新幹線こだま号]~~小倉駅~[徒歩]~ホテル泊

20190602_165441
20190602_182122

壱岐からの戻りも超高速船ジェットフォイルのお世話になります。
九州郵船さんでは『ヴィーナス』という船名が名付けられていますね😏。ちなみに福江島で乗った九州商船さんのジェットフォイルは『ぺがさす』です。
種子島で乗船のジェットフォイルは『ロケット』と『トッピー』の2種類。これは元2社で運航していたものがひとつの会社になったため。
どちらかに統一する動きはないようです😅。



★6月3日
ホテル07:00~[徒歩]~07:10小倉駅07:25~[JR鹿児島本線]~07:38門司港駅~[徒歩]~07:50門司港(お出迎え)

この日もお天気には恵まれ朝から良いお天気。
昼過ぎからは近くの渡船場より船に乗って巌流島へ行ってきました。
船上からさるびあ丸を撮る目的もありましたが、一番の目的は三菱造船㈱下関造船所で建造中の新「さるびあ丸」を眺めるため。
まだ建造を始めたばかりで船体の一ブロックしか見えませんでしたが、着実に作業が進んでいる姿を眺め満足して戻ってきました。

20190603_131235(0)
20190603_133050
20190603_133235

バナナのたたき売りのおじちゃん、おばちゃん、そして着ぐるみの「スナQ」も交え、みんな一緒にさるびあ丸をお見送りして、私の方はタクシーで新門司港フェリーターミナルへ。
この日の晩は大型カーフェリー「フェリーおおさかⅡ」に乗って楽しいクルージングを満喫でした。

20190603_172613
20190603_172734

(お見送り後)門司港駅18:30~[タクシー]~19:00新門司港フェリーターミナル20:00~~[名門大洋フェリー・フェリーおおさかⅡ]~~船中泊

20190603_070106
20190604_081900
20190604_083207
20190604_082010
20190603_183254

名門大洋フェリーさんでのお食事は夕食、朝食共にバイキングとなります。
食べ放題と思うとついつい取り過ぎてしまう貧乏性が😓。胃薬の出番はいうまでもありません。

20190603_191844

20190604_070735

その③へ続きます。

皆様こんばんは柳原です😄。
さるびあ丸が木曜日に無事帰港してから3日が経ちました。『小さな乗組員』として活動された生徒の皆さんも通常の生活に戻り、のんびりした週末を過ごされたことでしょう😌。

おかげ様で私の方も金、土曜と仕事ではありましたが、今日1日をゆっくり休みまして英気を養いましたので、また週明けから頑張りたいと思っています。

と、その前に今年の追っかけ旅のブログの総括といいますか、きちんとまとめあげないと終わりませんので、ここに綴りたいと思います😉。


まずは生徒さんを含め、このブログをご覧の皆様が柳原はどういう風に旅をし、追っかけをやっていたのかという疑問に対し日付ごとに活動報告からやっていきたいと思います。


★5月29日
東京駅22:00発~~~[JR寝台特急サンライズ瀬戸号]~~~車中泊

小さな乗組員の皆さんが東京港・竹芝桟橋を出発した日、私の方は昼間、まだ仕事をしておりましたので、勤務を終えた夜に東京駅から四国へ向けて旅立っています😄。
今回乗車している寝台列車は名前のとおり、車内にベッドがあるので夜眠りながら移動が可能です。動くホテルといった感じで宿代も節約しつつ現地へ向かえるのは追っかけ旅に向いた乗り物かもしれませんね。
ただサンライズ瀬戸号は高松行き。寄港地である高知には翌朝、更なる乗り継ぎが必要であります。

その頃、高知へ向かうさるびあ丸は時化た海上を航行中、船に乗り慣れない生徒さんは船酔いで苦しんでいたことでしょう。辛かったよね・・・・・😣。
あっ、威張れませんが船好きな柳原も船の揺れには弱いので、しょっちゅう船酔いしては苦しんでますよ😰。酔い止めの薬を服用するとだいぶ抑えられますが、それでもね・・・・・。


★5月30日
~07:09(着)坂出駅09:37(発)~~[JR特急しまんと3号]~~09:39高知駅

寝台列車を朝の坂出駅で下車、高松駅から来る高知行きの特急しまんと号に乗り換えます。
本州側の岡山駅でも高知行き特急列車へ乗り継ぎはできるのですが、寝台で1時間長く寝ていられるのと😪、あと瀬戸大橋を渡る際にベッドから眺めて見たかったから坂出にしました。

20190530_065856

特急しまんと号は山間部を通り抜けて走ります。右へ左へとカーブしながら走るのですが、「振り子式車両」と呼ばれる特殊な車両が充当されています。
これは線路のカーブをコンピューターで感知し列車の車体をカーブの内側へ強制的に傾斜させることで速度をあまりおとさなくても通過することができるものです。
普通の列車だと速度をおとさないままカーブへ突っ込めば遠心力に負けて脱線しちゃいますよね😓。振り子式車両の登場で所要時間の短縮に大きく繋がったことは言うまでもありません。

20190530_174401

高知では先のリポートでも書きましたとおり、レンタカーを借りて桂浜へ。そしてお昼にさるびあ丸を出迎えております😏。

高知駅15:13~~[JR特急南風20号]~~17:41岡山駅18:58~~[JR新幹線さくら569号]~~22:39鹿児島中央駅・・・ホテル泊

毎度のことですが、高知から種子島や過去に寄港した屋久島へ移動するのって凄く大変なんです😅。
それでも九州新幹線🚅が開通してくれたおかげで幾分楽にはなったのですがね。現在でも高知から鹿児島へ行くだけで約7時間弱かかっています(乗り換え時間も含みますが)。

20190531_193411

翌日さるびあ丸の入港を眺めるためには30日中に種子島へ着かなければなりませんが、現実問題として不可能な訳でこの日は鹿児島中央駅前のビジネスホテルで一泊しております。

20190530_224445

★5月31日
ホテル06:00(発)~[タクシー]~06:30(着)鹿児島本港南埠頭07:30~~[種子屋久高速船ロケット2]~~09:05種子島・西之表港

この日は一刻も早く種子島へ渡るため、始発便の高速船に乗船。それでも着くのはさるびあ丸より1時間遅れの9時過ぎになっちゃうのですよねぇ。
生徒の皆さんはもうバスで宇宙センターへ出かけてしまったあとです。皆さんをお出迎えしたかったなぁ😢。

20190531_150329

この日のお昼は港近くのラーメン屋さんへ昼食を食べに行ってきました。

20190531_125019

そして午後からの釣りクラブの皆さんの様子を眺めるところへ繋がります。

西之表港17:10~~[種子屋久高速船トッピー7]~~18:45鹿児島本港南埠頭18:55~[タクシー]~19:20鹿児島中央駅19:51~~[JR新幹線みずほ612号]~~21:07博多駅21:20~[タクシー]~21:40博多港23:45~~[野母商船フェリー太古]~~船中泊

後ろ髪を引かれつつ、次の福江島へ渡るために再び先行して鹿児島へ。種子島から福江島へ行く定期便があったら楽なのに😓。

20190531_164956

五島列島の福江島渡る手段としては

①長崎や福岡空港から飛行機✈️
②長崎港からフェリーや高速船🚢
③博多港から夜行フェリー🚢

鹿児島へ戻る時間も含め、①②の交通機関は今日中に利用するのは難しく😓、では6月1日に一番早く福江島へ着く方法は?というと③の博多から夜行便のフェリーに乗ることになっちゃうのですね。
そして明日もさるびあ丸が先に到着してしまうというのが、追っかけ旅をしていて何とも歯がゆいところでしょうか。
入港お出迎え、あるいは出港お見送り、どちらかでもできていれば気が済むのですが種子島、屋久島とどちらも出来ずに離れなければならず、なんか悔しかったですね😣。

余談ですが博多港から乗船した野母商船さんの運航されているフェリー「太古」はなかなか快適です😊。
船内にはスタンダード(いわゆる大部屋雑魚寝)の部屋から、ホテルのツインルームの様なスイートまでいろいろ等級がありまして、私の方は2名部屋のツイン(まんまですね)という部屋を利用しました。
カーペットに布団を敷いて寝るタイプのお部屋ですが、個室なこともあり人目を気にせずゆっくり休めました😪。

20190531_221009

書き始めると今年も長くなりそうなので、ここで一旦更新しますね。
続きはまたあとから更新しますので(明日以降になるかも)よかったら見てください😉。

皆様こんばんは、柳原 遊です😄。

青山学院洋上小学校も無事に終わった翌日でございます。
今日から私も仕事へ復帰ということで、今朝は起きるのが正直辛かった😖。
この9日間で自身では気づかない疲れが溜まっていたのでしょうね。気が抜けたのか、どっと疲労感を感じる1日でした。
早く本調子に戻さないいけませんね。
生徒の皆さんはゆっくり休めたでしょうか?。

そんな訳で旅を振り返り総括を、と思ったのですがごめんなさい😓、日曜日までちょっとお時間ください。
それまでに回復しておきます。


で、先に『寄港地でのさるびあ丸』ポストカードセット頒布のお知らせをさせていただきますね😉。

これは毎年実施させていただいているのですが、柳原が各寄港地にて撮影した『さるびあ丸』の写真を厳選!複数枚をポストカードに致しまして希望者様へ無料頒布いたします。

ご希望されます方は下記宛先まで官製はがきにてお申し込み下さい。
ハガキの裏面には郵送を希望される送付先住所・氏名を明記ください。
発送は7月上旬を予定。発送状況はこのブログでもお知らせいたします。

★申し込み先
〒352-0006
埼玉県新座市新座2丁目18-12-104
船旅倶楽部事務局内『さるびあ丸ポストカード』係 まで

またポストカードセットに関するお問い合わせは
crusing0526@gmail.com 宛にメールにて御願い申し上げます。

ポストカード発送時に使用させていただきました各個人情報は柳原が責任管理のもと、発送完了次第、消去させていただきます。

では、ご応募お待ち申し上げております😊。
そして総括の更新、日曜日までもう少々お待ち下さいませ。

こんにちは、柳原です。
東京に帰ってまいりましたぁ😆。
でも現在は千葉県内におりますが.....。

洋上小学校最終日となりました本日は最後の寄港地、館山港へ入港いたしました😄。

20190606_082613(0)
20190606_083057
20190606_083641(0)
20190606_084140

最後までお天気も晴れてます☀️。関東も暑いですねぇ。
館山では入浴が目的だったようですね。小さな乗組員の皆さん、お風呂でさっぱりして戻ってきたようでした。

そのあとはみんなでの集合撮影😁。
同行のカメラマンさん、さるびあ丸の前方にあるデリック(荷役用クレーンの鉄柱)のてっぺんまで登って、操舵室周りに集まった皆さんを見下ろす様に撮影されていました。

20190606_094157
20190606_094345

こちらの出港は10時30分、大きな大漁旗?が振られ、地元の方に見送られながら、さるびあ丸は竹芝桟橋へ向けて離れて行きました。

20190606_103221
20190606_103303

さるびあ丸の竹芝桟橋到着は14時30分の予定です。
私も館山から高速バス🚌にて東京へ向かいまーす😄。





はいっ!それではここからは、9日間の航海より帰宅された『元、小さな乗組員』の皆さんも見ているかもしれないので、あらためてご挨拶です😉。

皆さん、はじめまして!『やなぎはら ゆう』と申します😄。
皆さんが、さるびあ丸にて巡った7つの港で、時には入港をお出迎え、また出港する際にお見送りをしていたおじさんです😅。
『それってストーカー?』っと返事に困る一言を竹芝で生徒さんからいただきました😓。うーん.....ある意味ではストーカーに当てはまるのかな?💦。

まぁ、とりあえず皆さんが船で元気に巡れているか?、さるびあ丸の写真を撮りつつ陸上から追っかけて様子を見ていたのですよ😏。

その『さるびあ丸』ですが、お出迎えの御父兄様、そして実際に乗船されていた『元、小さな乗組員』の皆さんもご存知のように本日の午後2時30分に無事、竹芝桟橋へ帰ってきました。
皆さんお帰りなさーい😆。

20190606_141410
20190606_141417
20190606_141422
20190606_141846
20190606_141852
20190606_142437

竹芝桟橋では私のブログを見て下さっていた多くの方にお声がけいただきました😄。
感謝やお褒めのお言葉をいただき、嬉しいやら、照れくさいやらで、幸せな気持ちになりました。
本当にありがとうございます。

そして、これまた多くの御父兄様、生徒の皆さんと一緒にお写真を撮らせていただきまして、事情を知らない生徒さんは、知らないおじさんと写真を撮らされ『ポカーン😮』ですよね(笑)。
今頃、やっと話を聞いてわかってもらえたかな?😅。


今夜は生徒の皆さんも疲れていると思いますし、何より私自身も疲労感増々なものですから、今回の旅の総評と毎年恒例『寄港地でのさるびあ丸★ポストカードセット』の頒布のご案内はまた明日に更新させていただきますね。

生徒の皆さん、9日間も自宅を離れ心細かったと思います
今夜はお父さん、お母さんに甘えつつゆっくりお休みくださいね😉。

それではお時間があれば明日の更新も御覧いただけると嬉しいです。柳原 遊でした😊。

↑このページのトップヘ